あしたばグループ 社会保険労務士法人・行政書士事務所 (旧 岡本経営法務事務所)

okajimu.exblog.jp ブログトップ

【相続手続】 婚外子格差規定が削除ー 遺産分割協議の難航と遺言の必要性拡大 ー

   婚外子格差規定が削除に!
ー 遺産分割協議の難航と遺言の必要性拡大 ー


 平成25年12月5日(同月11日公布・施行)
民法が一部改正されました。
 平成13年7月当時から、
法の下の平等を定める憲法14条1項に違反するとして、
長年問題になっていた条文です。


改正の概要としては、

1 法定相続分を定めた民法の規定のうち、
嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1と定めた部分
を削除し、嫡出子と嫡出でない子の相続分を同等に
(900条4号ただし書前半)。


2 なお、改正後の民法900条の規定(以下「新法」といいます。)は、
平成25年9月5日以後に開始した相続について適用することとしています
(附則第2項)。

 つまり、相続は被相続人の死亡によって開始しますので、
条文上は平成25年9月5日以後に被相続人が死亡した事案に
適用されることとなります。

 もっとも、平成25年9月4日の最高裁判所の違憲決定があることから、
平成13年7月1日以後に開始した相続についても、
既に遺産分割が終了しているなど確定的なものとなった法律関係を除いては、
嫡出子と嫡出でない子の相続分が同等のものとして扱われることが
考えられるとの見解を法務省は示しています。
ポイントは確定的なものとなった法律関係か否で判断されることになりそうです。


3 また、「嫡出でない子」とは、法律上の婚姻関係にない
男女の間に生まれた子を示すとされています。


 こうした法定相続分の変更は、相続税の計算にも関わってきますね。

 また、婚姻制度に関しても波紋を呼ぶ改正でもあり、何より
相続時に残された親族間に複雑な感情のもつれを生まないためにも、
遺言書を遺しておく必要性が非常に高まった改正ともいえます。


これらのケースに当てはまる方々で、
相続手続きを行っておられなかった方々・・・・・
遺言書作成や相続人調査をされたい方・・・・・
当事務所にお気軽にご相談ください
 
/////////////////////////////////////////////////////////////

お問い合わせ先: 電話 082-228-5517
            FAX 082-836-4300
           メール http://keiei-houmu.net/fom/fom.html

/////////////////////////////////////////////////////////////



岡本経営法務事務所メインホームページはこちらから


b0183922_13193562.jpg





広島ブログ

広島ブログ
[PR]
by okajimu | 2014-02-21 13:15 |   相続・事業承継