あしたばグループ 社会保険労務士法人・行政書士事務所 (旧 岡本経営法務事務所)

okajimu.exblog.jp ブログトップ

平成26年度 【労働保険年度更新】

労働保険年度更新&算定基礎届手続広島相談センター 開設!! 

◇◆事業主様は、
  6月1日(日)から7月10日(木)までに、
  労働保険の年度更新
を行う必要があります!

  前年度の保険料を精算する確定保険料の申告・納付と
  新年度の概算保険料を納付する申告・納付の手続きは
  大丈夫ですか??◆◇




あっという間に6月ですね!
今年も労働保険年度更新&算定基礎届手続センターを開設する時期となりました!!

平成25年度確定保険料及び平成26年度概算保険料の年度更新申告書ですが、
5月に入って31日(土)までに順次各事業所宛に定形外封筒にてが発送されています。


さて、皆さんは労働保険の保険料とはどのようなものかはご存知でしょうか?

簡単にというと、
毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間の保険年度に区切って、
下記の通り計算の上、納付金額を申告・納付するという制度です。

事業で使用されるすべての労働者に支払った賃金総額を算出し、そこに各事業に応じて定められている保険料率を乗じ、算定します。


一般拠出金の額については、一般拠出金率を乗じて算定を行います。
保険年度ごとに、概算で保険料を納付(徴収法第15条)、保険年度末に賃金総額が確定したあとに確定申告を行って精算(徴収法第19条)という流れになります。


ココで、注意!!

建設の事業や立木の伐採の事業のうち、「一括有期事業」として成立している事業についても、
継続事業と同様に年度更新の手続を行うことになります。
しかし、建設の事業や立木の伐採の事業は「二元適用事業」ですので、
労災保険に係る部分と雇用保険に係る分とをそれぞれ別個に作成しなければなりません。


これらの手続きが遅れますと、
政府側が保険料・拠出金の額を決定した上、
追徴金を課されることがありますのでご注意ください。




-----------------------------------------------------------


年に一度の労働保険年度更新、
普段は行わない手続なので
説明書を読みながらでは時間もかかる上に
複雑なので労力を使ってしまいます。

経営に必要なのは費用対効果を考えて動くということ!

そんな経営者様のため当センターでは、
①安心して本業に全力を費やしていただくための 
  「完全お任せコース(書類作成・手続代行)」
②ご不明部分のご相談など部分的な手続・指導を行う 
  「スポットコース」
を承っております。

お気軽にお問い合わせください。



 
 お問い合わせ電話番号:
     082-228-5517 (岡本経営法務事務所内)
 ホームページお問い合わせフォームはこちら 
     → http://keiei-houmu.net/ss/ss02.html 
 メールでのお問い合わせはこちら 
     → okamoto@keiei-houmu.net

       (住所・氏名・連絡先・お問い合わせ内容等 
        必要事項を入力の上、送信下さい。)

 

-----------------------------------------------------------






労働保険年度更新&算定基礎届手続センターは、
「広島の社会保険労務士・行政書士 岡本経営法務事務所
       (労働保険年度更新&算定基礎届手続チーム)」が運営しています。


岡本経営法務事務所のメインホームページはこちらから


b0183922_3374323.jpg


広島ブログ
[PR]
by okajimu | 2014-05-19 10:00 |   社会保険等・労務管理